ネイル

ネイルアートの爪の構造について

私達の爪の構造は6つの特定の部分に分ける事が出来ます。爪根、爪床、爪甲、上爪皮(表皮)、爪床縁が主な構造です。各自それぞれにこれらの構造の中には具体的な機能が含まれています。もし、爪に何らかの支障を起してこれらの機能に支障が出たとしたら、爪は異常な成長をし始める事があります。
爪の健康は大変大切な人体機能の1つなのです。
爪は、2つの目的を持っている「ケラチン」という重要な物質で作られています。そして同時に重要な構造を持っています。
爪は、指の皮膚の保護の板の様な役割をして同時に指先の感覚を高める役割を果たしています。一般的に爪の保護機能性はよく知られてはいますが、同時に指先の感覚を高める機能をも司っている事を知る人は少ないでしょう。爪は、私達が触れる物に対して、多くの情報量を爪の下にある指先の皮膚が受け入れ、爪は触れている物を指が受け入れるか否かを判断する情報を、同時に指先に送っている役割を果たしています。そのお陰で指先の皮膚に支障が出なくなり、指先は爪により防御されている事になるのです。

そして爪は常に絶えず成長し続ける組織です。しかし、その成長率はその人の年齢層と血行不良により減退する事もあります。手の指の爪は1ヶ月あたり3mm.成長します。足指の爪は、1ヶ月あたり約1mm.成長します。指の爪より速度は遅いです。指の爪は新しく生え始めてから指の爪としての正常な機能に成長するまでに6ヶ月の時間を要します。足の爪の場合は、完全に全ての爪が新しい爪として入れ替わり、生え変わるに12ヶ月から18ヶ月間もの時間がかかります。
爪は多様な機能性を持つ大変役に立つ人体の大切な機能の一部なのです。